キャッシングのデメリット

キャッシングのデメリットは、つい使いすぎてしまうことにあります。

キャッシング会社のカードもしくは取引銀行のカードを使ってお金を引き出すので、お金を借りているという感覚が薄れて、自分のお金を使っているような感覚になってしまうのです。

そうすると、キャッシングは利息が高いので、あっと言う間に利息が膨らんでしまいます。
また、返済を滞らずに行っていると、徐々に貸付限度額が増えていきます。

そうすると自分のお金が増えたような錯覚に陥って気が大きくなり、返済できる額を越えて借り入れをしてしまいがちです。

そうすると一気に返済額が増えてしまい、返済できる能力を超えてしまうのです。
これらのことが原因で返済できなくなると、考えがちなのは他のキャッシング会社で借りて返済に当てようということです。

すると、ますます借金が増えてしまい、借りては返すという自転車操業に陥ってしまいます。
キャッシングをする場合は計画を立てて返せる範囲の中で借りることが大事です。

 

作成者: jaqiq

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です