未成年向けキャッシングについて

未成年者は法律上、親権者や後見人の承諾がない限りキャッシングをすることができません。

もし、年齢を偽って契約を結ぶと、「未成年者契約の取消権」によって本人または親権者・後見人が契約を取り消すことができますので、キャッシング会社も年齢確認は念入りに行っています。

ただし、未成年者といっても例外があります。

それは結婚している場合です。

結婚していると未成年者でも一人前の責任を果たすことができるとみなされて、キャッシングの契約を結ぶことができます。

もちろん、「未成年者契約の取消権」も効きません。

数はそれほど多くないですが、キャッシング会社の中には18歳以上の婚姻している人に対して融資を行っているところもあります。

そのようなところでお金を借りるためには、通常の融資申し込みに必要な書類に加えて、家族全員が記載されている住民票や戸籍抄本・戸籍謄本などの結婚していることを証明する書類の提出が求められます。

 

作成者: jaqiq

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です